ブログのような物で殴られ意識不明の重体

アクセスカウンタ

zoom RSS ドイツ版wikipediaに見るウーパールーパーの真実

<<   作成日時 : 2013/11/15 22:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

ウーパールーパーを知る上で重要になるような事が書かれているような気がするドイツ語版wikipediaをへっぽこ翻訳してみます。へっぽこなので間違いがあれば申し訳ない。

要するに他力本願内容。



●ウーパールーパーとは
ウーパールーパーはAmbystoma(トラフサンショウウオ)のメキシコ固有種です。
種としてはタイガーサラマンダーに近いです。
性的成熟の時期を過ぎてもその外見を変える事はありません、つまり多くの両生類に見る変態がありません。
アホローロルの名前の由来はアステカの言語である古ナワトル語の ATL(水)とそこから誕生したxolotl (アステカの神)、そして水神の象徴と解釈されていました。 ヨーロッパへはパリ国立自然史博物館に1804年に入ってきました。

●解説
ウーパールーパーは全長23から28センチ(だいたいが30センチ未満、また40センチ以上になった個体が一部では報告されています)ずんぐりした体から尾にかけて長い尾びれを持ち、体の側面にはヒダのような溝。 頭の横に3つの外鰓を持っています。
外鰓の下には大きな口があるように見えますが口は意外と小さいです、また鼻と丸い瞼のない目を持っています。 短足ですが非常に強い足を持っています。
ワイルド個体の通常の色は白い腹を持つ、濃いマーブルカラーをベースにした灰色や茶色です。
しかし水族館などでは多くのカラーバリエーションが飼育されています。
リューシスティックとアルビノ などを含め、いくつかのタイガーサラマンダーと交雑されています。
オスやメスは主に肛門のあたりで判断できます
オスは肛門のあたりがやや膨らんでいて、メスは平坦です。

●幼体成熟の発生
アホロートルとなるのは一種の土地柄でソチミルコと隣接する湖チャルコなどの旧火山区域です。
これらの湖は昔は1つの大きな河川であった事の名残であり、水源は部分的に残り、今日の姿になりました。 また残された湖も埋め立てにより消えて行きつつあります。 夜行性である彼らにとっては、酸素が多量に含まれた冷たいこの水源の水底か合っているようです。

●ネオテニー
ウーパールーパーの特別な機能として挙げられるものは
ホライモリなどの嫌気性両生類は実際に変態はしませんが、ウーパールーパーは変態させる事もできます。 しかし彼らは幼体であるにも関わらず彼らは性的成熟になります。 変態しない理由は、先天的に甲状腺の欠陥要するに変態に必要なホルモンを体に分散することができません。
甲状腺ホルモンの投与により人工 的に変態し、上陸して肺呼吸になりタイガーサラマンダーと同じような成体になる事もできます。
変態しない理由として現地の乾燥などの状態や水質良さも挙げられます。

●再生
ウーパールーパーは強い再生能力を持っています。四肢、臓器から心臓、脳に至るまで再生します。
再生するには切断などで体の一部が欠落したりすると、組織からを欠落した部位を作り出します。
この再生能力は進化の工程できりすてられた物であり、その再生能力は研究対象とされ再生を可能にするメカニズムを調べられました。その結果、いわゆる万能細胞(ips細胞のような)と同じような動きをしている事が、このすべての再生工程において照明されました。
最近の研究では、1つだけ特定の組織の種類を開発することができます、細胞から再生成手足や臓器などが作られています。

●繁殖
約8?15ヶ月でウーパールーパーは性的に成熟します。 雪が一時的に湖や自宅の池の水温度を低下
させたり、山から吹き降ろす冷たい風が入り込む時に生殖期に入ると考えられます。
アクアリウムで再現するには、他の方法があるかもしれません。
オスは体を負けての求愛のダンスの一種である高速蛇行運動を行います。
次いで性抱を地面に向けて発射します。 メスはこれを腔内部に取り込み、受精数時間後に産卵します。
卵はだいたいが水草に産みつけられます。
卵の塊は80から800ほど。
産みつけられてから約15から20日後に誕生します。この期間は温度に大きく依存すしています。
彼らは食べ物を探してまわる前に、最初に約2日分の栄養が与えられています。

●餌
野生のウーパールーパーはそこに生きる甲殻類 、昆虫や幼虫などの無脊椎動物、小魚や卵及びその他の両生類の幼体を食べています。 しかし、共食いも行われます。
彼らにとっては同類も餌の1つです。

●飼育

アクアリウムではの他の種との共存関係が形成できません、同サイズの魚ならばこの状態を回避できるかもしれません。
飼育下では小魚、カタツムリ、淡水エビ、コオロギ、woodlice、ミミズやアカムシなどの活餌を中心に飼育することができます。 あるいは、固形餌なども与えて良いかもしれません。
またグッピーやゼブラダニオなどの観賞魚も餌として良いでしょう。 ウーパールーパーは夜行性なので光量を抑えた環境での給餌が望ましいです。
ウーパールーパーは、水底に生きる生き物です。最適な維持するために水の温度は21を最大値とし最低15℃、平均して17℃を維持するように飼育するのが好ましいです、また周囲温度が高いと免疫システムが不安定になる可能性があります。 冬の平均温度約8℃という湖などで冷たい水の環境に晒されている場合は病
気のウーパールーパーはより速く回復します。
ウーパールーパーは温度変動には比較的強い種類ですが極端すぎる変動などはやはり控えるべきかもしれません。
彼らのために水槽をセットアップするときに考慮しなければならないのは底に住んでいるという事です(中訳 おそらくこれは底に住んでいるために、温度を低めに均一化させる必要があるという事。アクアリウムで深海魚なんかを飼育する時に圧力はかけずに温度を下げる事で飼育を可能性にしているという実績からか?)
大人サイズを考慮しても水槽は40センチ以上が好ましく、エアレーションや濾過器は必要であり、硬水であるpHを7から8.5に維持するのが好ましい。
そのため軟水である雨や池の水などは使うべきではありません。
アホロートルは現在野生個体の飼育は厳しく制限されています。入手にはブリーダーなどの繁殖個体を手に入れるのが良いでしょう。
また繁殖した場合、卵はウーパールーパー自身によって食べられやすいので、卵を隔離し別の容器での飼育を推奨しています。
孵化したベビーは、20ミリほどの大きさで、最初は ブラインシュリンプや、小さなミジンコやサイ
クロプスを食べます。
飼育下では28歳の高齢記録が知られていて、それらのケースを含めても平均で12年から20年生きる事になります。
以上の基本的な飼育方法以外の話は専門の獣医や研究者の分野です。

●生息地の現状
ウーパールーパーは現在、飼育されている個体の多さはワイルド個体よりも遥かに多いです。
自然の生息地はメキシコシティ開発のために水質が汚染され減少しています。地元には水質を改善するための努力だけでなく、沼地や湿地の埋め立て以外にも侵略的な外来種であるティラピアや鯉などの駆除が求められるでしょう。 2006年以来レッドリスト入りし、最もリスクの高いカテゴリ
に入り、絶滅の危機に晒されていいます。 近年の推計によると、野生の個体数がおおよその数だけ判明し、ソチミルコの湿地内6の異なる場所に存在する1200以
上の個人が700に減少したとされています。

●中央アメリカ文化としてのウーパールーパー

昔からウーパールーパーは中央アメリカの漁獲と非常に繊細な関係でした。 元々アステカではウーパールーパーは神聖な動物であり、またごちそうでした。現在捕獲自体を禁止していますが、地元の市場で違法に捕獲されたウーパールーパーが入荷して、食品として提供されています。






pH7.74の掟26
「他力本願のほうが書くのに時間かかり過ぎてるわ 日本版wikipediaみたいにペラペラの内容じゃねえんだよ」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ドイツ版wikipediaに見るウーパールーパーの真実 ブログのような物で殴られ意識不明の重体/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる